大切な人をもてなす時にハイヤーを

ハイヤーはどんな人が、どういった状況で使うのでしょうか。テレビや映画で観た影響で、地位や身分の高い人が乗るものというイメージがあるかもしれません。ピカピカに磨き上げられた高級車は近づきがたく、運転手がいるのを見たらVIP待遇の人が乗っているのかと思うでしょう。通常のタクシーに乗るよりもワンランク上のイメージは、馴染みのない方にとって憧れの対象となっているかもしれません。

しかしハイヤーは、企業訪問や店舗・工場の視察などのようにビジネス目的で使用する場面もあります。海外からの来賓におもてなしの心をもって、目的地へスムーズに移動することも可能です。会議や仕事の合間に一息つける空間を提供することもできるでしょう。車内に用意されたドリンクやお菓子などを口にして、心身のコンディションを整えることもできます。日々を分刻みで動くような方には、落ち着ける時間と空間が必要です。特に空港への送り迎えは、ハイヤーのような特別な車が最適です。

ここで注目したいのは、英語対応のドライバーがいるかどうかです。ハイヤーで出迎えたのは良いものの、言葉が分からないとお客さんは困惑します。英語での対応はもちろん、ハイヤーは丁寧な接客で長旅で疲れたお客さんの心身を癒すことができます。ドライバーに求められるものは多いですが、彼らの誠実な対応に日本のおもてなしの精神に触れてもらえるでしょう。お客さんをもてなしたい、大切な人を喜ばせたいという想いが、ハイヤーを使用するきっかけになると言えます。

プライベートで使うなら誕生日や記念日などに使うと喜ばれます。当日まで秘密にしておき、サプライズとしてハイヤーを活用すれば、計画したイベントは大成功間違いなしです。短時間とはいえ、運転手付きのハイヤーに乗れる機会はそうそうありません。上手にプランを立てれば観光をすることもできるため、プランナーに相談に乗ってもらい準備を整えると良いでしょう。大切な誰かを喜ばせたい時にぴったりの演出となります。

日常で使う場面は少ないものの、ハイヤーを利用することで観光の案内もしてもらえるなら使ってみない手はありません。やりたいこと、見たいことを明確にすると、効率よく観光地をまわることが可能です。運転手付きの高級車と聞くと、映画やドラマを観るように遠い世界のことに思えるかもしれません。しかし大切な人へのプレゼントやおもてなしを考えることをきっかけに身近に感じてもらえるのではないでしょうか。何より移動中も安心してくつろげる空間は、ハイヤーという枠を超えて大きな感動を与えてくれます。